買取商品

漆工芸技法 蒔絵について☆

こんにちは(^◇^)

三田です☆

皆さん、突然ですが

蒔絵ってご存知ですか?

 

蒔絵(まきえ)は、漆工芸技法の一つで、

漆器の表面に漆で絵や文様、

文字などを描き、

それが乾かないうちに金や銀などの金属粉を

蒔くことで器面に定着させる技法です!

金銀の薄板を定着させる「平文(ひょうもん)

または、平脱(へいだつ)」や漆器表面に

溝を彫って金銀箔を埋め込む

「沈金(ちんきん)」、夜光貝、アワビ貝など

を文様の形に切り透かしたものを

貼ったり埋め込んだりする「螺鈿(らでん)」

などとともに、

漆器の代表的加飾技法の一つです!。

奈良時代に始まったとされる蒔絵は、

平安時代にめまぐるしく発展し

日本人の趣向に合うように

改良されていきました。

日本国内に現存する最古の蒔絵資料は

正倉院宝物の

「金銀鈿荘唐大刀(きんぎんでんそうからたち)」の鞘に施された

「末金鏤作(まっきんるさく)」であり、

これは2009–2010年に行われた

宮内庁正倉院事務所の科学的な調査研究に

よって、研出蒔絵であることが

確認されています!

こちら↑は買取した蒔絵の文箱です!

内側は梨子時で施されております☆

次回は梨子地について、

投稿させていただきます!!(^◇^)

 

お楽しみに!!!

 

もし倉庫の中や押し入れの中

骨董品やお宝が

眠っているかもしれないので、

いつでもお電話 LINEお待ちしております(^◇^)

↓公式アカウントに友だち追加で買取金額10%アップ(*^^)v

TEL 0120-530-377

広島県廿日市市宮島口西1丁目6-17
昊美術 三田