スタッフ日記

伊万里焼

こんにちは☆

 

三田です!

 

毎度、いってるんですが

日本の伝統って凄いです!!!

薩摩焼、有田焼、九谷焼、伏見焼、伊万里焼

他いろいろあるんですが、

今日は、伊万里焼について

お話します!

 

伊万里焼は佐賀県有田一帯で産する

日本で最初の磁器。

伊万里港を経て販売されたためこの名があります。

従来,元和2 (1616) 年に,

帰化朝鮮陶工の李参平 (りさんぺい) が

有田泉山の白磁鉱を発見し,

日本で初めて磁器を生産したというのが

通説であったが,

1965年からの天狗谷古窯址の新発掘で,

さらに 10年ほどさかのぼる

慶長 10 (1605) 年前後から始まったと

推定されます。

寛永 20 (1643) 年に

酒井田柿右衛門 (柿右衛門1世 ) が

独特の色絵付け (→赤絵 ) に成功してから

発達し,海外市場にも進出。

江戸時代を通じて領主の保護のもとに発達した。

なお同じ有田地方で焼かれたものでも,

鍋島藩壺のものは鍋島焼,

一般窯のものは伊万里焼として区別され,

それらを総称して有田焼といいます。

寛永中期以前のものは古伊万里と

呼ばれて珍重される。

有田は現在でも日本の主要な磁器産地として

おもに

食器,花瓶、タイルなどを生産しています。

 

九州は、

薩摩焼や伊万里焼がありますが

やはり中国やその他アジアとの貿易が強く

市場に買い付けに行っても、出来がよく

良い物がたくさんあるんです(^◇^)

いつでもお電話 LINEお待ちしております(^◇^)

↓公式アカウントに友だち追加で買取金額10%アップ(*^^)v

TEL 0120-530-377

広島県廿日市市宮島口西1丁目6-17
昊美術 三田